realme GT2 Pro 簡易レビュー。顕微鏡カメラが面白い

realmeファンの皆様こんにちは、lahainaです!

今回は、realme GT2 Proを購入したので簡易的なレビューを発信していきたいと思います。

※今回は中国版→グローバル版に書き換えた後のレビューとなります。

※指紋認証機能が壊れ、そして最終的には文鎮化したためROM焼きは様子見してください。壊れてしまったので簡易レビューしかできません。ご了承ください。詳細は後述

個人的にざっくり評価!

Good!

  • 2022年4月時点で最強性能を誇るSnapdragon 8 Gen 1搭載!
  • 深澤直人氏による優秀なデザイン
  • 顕微鏡など多彩な機能を備えるカメラ
  • VoLTE解放済!どのキャリアでも使える

Poor…

  • 平常時でもほんのり発熱を感じる時があった
  • 中国版→グローバル版への書き換えは現時点で不安定

スペック

SoCSnapdragon 8 Gen 1
ストレージ(ROM)128GB / 256GB
メモリ(RAM)8GB / 12GB
バッテリー5000mAh、最大60W高速充電
ディスプレイ2K有機EL、1~120Hzの可変リフレッシュレート
重量189g~
※Steel Blackは199g
イヤホンジャック非対応
対応バンド5G:
SA NR: N1/N3/N5/N7/N8/N20/N28/N38/N40/N41/N66(2110-2180MHz)/N77/N78
NSA NR: N1/N3/N5/N7/N8/N20/N28/N38/N40/N41/N66(2110-2180MHz)/N77/N78

4G:
LTE TDD B34/B38/B39/B40/B41/B42
LTE FDD B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28/B66(2110-2180MHz)

3G:
WCDMA B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19

2G:
GSM 850/900/1800/1900
端末カラーPaper White
Paper Green
Steel Black

※公式サイトより引用。

https://www.realme.com/in/realme-gt-2-pro/specs

通信の検証・携帯電話としての実用性

通信キャリア データ通信 VoLTE 5G

※使用するSIMによっては異なる結果になることもありますので検証結果はあくまで一例です。また随時動作情報の収集も行っているため、変更になる可能性があります。

※日本未発売機種のため認証を取得していません。日本国内での使用には法律に基づく総務省への届出が必要です。なお当ブログでは認証や技適関連のコメントについては一切受け付けておりませんのでご了承ください。

開封・付属品など

付属品は下記のとおりとなります。

  • 本体
  • 純正ケース
  • 説明書
  • 65W SUPERDART充電器
  • Type-Cケーブル

realme GT2 Proの良かったポイント

2022年4月時点で最強性能を誇るSnapdragon 8 Gen 1搭載!

realme GT2 Proは現行で最上位となるSnapdragon 8 Gen 1を搭載しています。そのAntutuスコアはなんと驚異の100万点を突破しています。そのため「原神」などの重いゲームであっても、性能に困ることはほぼないと言えるでしょう。

深澤直人氏による優秀なデザイン

realme GT2 Proのカラーリング「Paper White」と「Paper Green」は、realme GT Master Editionシリーズでおなじみの深澤直人氏がデザインを担当。紙をモチーフにしたという独創的なデザインは手触りもよく、こだわりを感じます。ちなみにこの背面には鉛筆で絵を書くこともできるようです。まさに紙です!

個人的にデザイン面で好きなGalaxy S21と並べてみました!どちらもカッコイイです。

顕微鏡など多彩な機能を備えるカメラ

realme GT2 Proにはメインカメラの他に超広角カメラと顕微鏡カメラを装備。顕微鏡カメラはOPPO Find X3 Proに使われたものと同じものが使われているようです。普段見られないミクロの世界を覗くことができ、大変面白いカメラだと思いました。

木目調
GT Masterの背面

VoLTE解放済!どのキャリアでも使える

この機種は初めからVoLTEが解放されており、どのキャリアでも正常に接続できるとの情報でした。(筆者はワイモバイルでテスト、しっかりとVoLTE対応しておりました。)下記のように、中国版でも「HD」マークが出現するので、VoLTE通話が可能です。

realme GT2 Proの惜しいポイント

平常時でもほんのり発熱を感じる時があった

個人的な感想として、Twitterをしているとやや発熱を感じることがありました。こちらは最強性能のSnapdragon 8 Gen 1を搭載しているので、致し方ないのかもしれません。これからのソフトウェアアップデートによるチューニングに期待です。

中国版→グローバル版への書き換えは現時点で不安定

今回簡易レビューとなってしまった要因です。realme GT Neo2やrealme GT Master Editionではrealme UI 2.0だったのでROM書き換えをしても不具合はみられませんでしたが、realme GT2 Proの場合はrealme UI 3.0だったせいか、同じようにROM焼きをすると下記のような深刻な不具合が目立ちました。

Bootloader Unlock
いざ、ROM焼き
起動してみた画面。表面上は成功していた
ただし指紋認証は破損し、反応しなくなってしまった。

ちなみに一度指紋認証のデータが飛んでしまった場合は修理に出さないと直らないので注意してください。

また、筆者はこの不具合を抱えたまま使い続けていたのですが、残念なことにrealme GT2 Proは完全に文鎮化し(Hard Brick)、二度と電源が入らなくなってしまいました。後悔してからでは遅いです。確実な方法が見つかるまでは、しばらくROM焼きはやめておいたほうがよいと注意喚起させていただきます。

簡単作例

realme GT2 Proのカメラでは下記のような写真が撮れます。(簡易レビューのため作例が少なくてすみません)

まとめ

今回は簡易レビューとなってしまい申し訳ございません。

本来であればもう少し画像等を用意できる予定だったのですが、比較的すぐに文鎮化してしまったのでここまでとなってしまいました。

次回のレビューではもう少し画像を用意してから投稿しようと思います。

それでは、また今度

Dare to leap.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。